勢力減退を防止するためには充分な睡眠時間が必要です。

睡眠不足による精力減衰

 

睡眠は人間の基本的な体調を整える上で非常に重要な役割を果たしています。
人間は眠ることで脳と体を休ませ次の日の活力を再生産します。また1日に受けたストレスを睡眠によって撃退させるので眠らないということはストレスをため込むことに他なりません。

 

ストレスは精力減退につながる危険なもので、睡眠不足は避けて通ることが望まれます。

 

睡眠時間が1日に3.4時間程度でも大丈夫という人もいますがこれは危険です。

 

レム睡眠

 

睡眠不足な男性

男性は睡眠中、レム睡眠時に夜間陰茎勃起現象といってペニスに血液を集中させ勃起現象を発現させます。
これは勃起力を高めて、性機能を調整する効果も持っているので睡眠時間が少なくなるということはこの夜間陰茎勃起現象を削ってしまうことになってしまいます。

 

また睡眠時間が少なくなると男性ホルモンであるテストステロンが減少することが分かっています。
テストステロンは主に睾丸から分泌される性ホルモンであり、集中力や記憶力を強め、生殖機能や精子を作り出す役割を担っています。
このテストステロンが減少してしまうということは紛れもなく性機能の低下や精力減退につながっていきます。

 

テストステロンを高めようとするならば最低でも1日7時間程度の睡眠が求められます。
できれば8時間~9時間の睡眠時間を確保できれば睡眠不足からくる精力減退を避けることができるでしょう。

 

このように睡眠不足は精力減退に直結してしまうマイナス因子であり、仕事のためにもその他の活動のためにも1日の内に十分な睡眠時間を確保しておくことがなによりも求められます。

 

睡眠さえしっかり取れれば、精力減退の元となるストレスや体と心の疲れをノックアウトすることができるのです。
睡眠をよく取るということは常に良い状態で体調を整えることにつながります。