男性ホルモンが不足すると勃起力などの精力の減衰に繋がります。

男性ホルモンと精力の関係

男性ホルモンの役割

男性ホルモンを詳しく分類すると、その中にテストステロンというものが含まれます。
そして、このテストステロンが勃起力に大きな影響を与えています
テストステロンは男性ホルモンの大部分を占めており、さらにこれは睾丸で作られます。

 

テストステロンが不足すると、精子の生産に影響を及ぼし、精子の質も量も悪くなります。
これが勃起力の妨げに関わっているのです。

  • テストステロンが男性ホルモンの大部分を占めているという事実
  • テストステロンの不足が勃起力低下に繋がる

これら二点を統合すると、男性ホルモンの減少は精力減衰に繋がることが分かります。

 

 

自覚症状

男性ホルモンの減少が精力減衰に繋がっているため、自身の男性ホルモンが不足しているかどうか、
それにいかに気づけるかが解決のポイントになります。
そんな時に頼りになるのが自覚症状です。

 

メタボ

ちなみに男性ホルモン減少による心身の異変を挙げると、

  • 身体においては筋力低下メタボ疲労感
  • 精神面においては、性欲がなくなるイライラするやる気がでない

などが挙げられます。
つまり、あなたがこれらの症状を自覚した場合、あなたの男性ホルモンが減少している可能性があります。

 

 

男性ホルモン減少の原因

一番の原因は加齢で、個人差があるものの、一般的には40代を過ぎると男性ホルモンが減少していきます。
また、加齢だけでなくストレスも、男性ホルモンの減少に関わっています。
これはストレスによって自律神経が乱れるのが理由であり、男性ホルモンの分泌において自律神経の乱れが大きな妨げになっているのです。

 

こうした原因は、ただ原因を知るだけでは解決になりません。
原因を知り、それを克服、もしくは解決するための改善策を考えることが大切です。
例えばストレス発散、シンプルですが、これも立派な改善策の一つです。
また、避けようのない加齢による男性ホルモン減少も、食生活や生活習慣の見直しによって、減少のスピードをゆるくすることができます。

 

 

このように、精力減衰と男性ホルモンには、深い繋がりがあるのです。
つまり、精力減衰を克服するためには、男性ホルモンの減少を抑え、分泌を活性化させることが必要なのです。