一番身近な精力減衰の要望法として筋トレが挙げられます

筋力と精力減衰

筋力と精力減衰の関係性

運動しない人ほど精力が衰えやすい”、そんな言葉をよく聞きますが、これは事実です。
もちろん、なぜそうなるのかという根拠も説明されています。
人間は運動をしないと身体が衰え、身体の機能も正常に働かなくなってしまいます。
つまり、勃起力にも影響してくるというわけです。

 

逆に筋トレをすることで筋力が強化され、それによって男性ホルモンが多く作られるようになります。
また、筋力がつくことで精力増強だけでなく、セックス自体の持続時間、体力にもプラス効果をもたらします。
ここでは筋トレと表現しましたが、正確には運動することが大切であり、それを毎日の生活に取り入れることで、
精力減衰を抑えることができるのです。

 

 

なぜ筋トレが効果的なのか

筋トレ

ここで簡単に身体のメカニズムについて説明します。
人間の身体というのはうまくできており、身体にとって必要な成分は生産される仕組みになっています。
分かりやすく言えば、精子の生産なんかはその代表的な例です。

 

さて、これを筋トレにあてはめると、筋トレをすることで筋肉がつくわけですが、筋肉を作りあげるためには男性ホルモンが必要になります。
つまり、筋トレをすることで、“筋肉を作るために男性ホルモンが必要だ”と、身体が反応するわけです。
これによって体内で男性ホルモンが多くつくられ、結果的に男性ホルモンの減少をくいとめてくれるのです。

 

 

メニューは慎重に考えるべき

男性ホルモンを欲していると身体に覚えさせるためには、それを習慣づける必要があります。
仮に今日、体力の限界に挑戦するほどの筋トレをしたとしても、それだけではまだ、常に男性ホルモンが必要だと身体は判断してくれないのです。
身体に男性ホルモンの必要性を伝えるためには、筋トレを日課として、それを継続することが必要です。

 

つまり、自身にとって継続が可能な筋トレを行わなければ、全く意味がないのです。
このため、一時的な効果だけに目を奪われず、あくまで毎日できる運動、まずはそんな筋トレを目指していくべきです。

 

 

 

男性の性質上、筋トレと聞くと、どうしても張り切ってしまいがちです。
しかし、精力減衰をくいとめるための筋トレは、運動量そのものよりも、継続することの方が重要です。
このため、まずは筋トレと意識せず、運動する程度に考え、無理のないレベルで行ってください。

 

精力減衰とセックスレスについてはこちら!