精力が強い人ほどハゲる、という噂は本当なのかを徹底検証します

ハゲと男性ホルモン

男性ホルモンが多いとハゲるという説

男性ホルモンが多いとハゲる、そんな説があります。
これが本当であれば、ハゲの男性は精力が強いことになり、ここで挙げたテーマとは全く逆になります。
ちなみにこの説ですが、これは全くのデタラメです。

 

逆に、精力減衰の対策として男性ホルモンの分泌を活性化させても、それでハゲるということはありません。

 

身体のメカニズムを考えると、むしろハゲの男性ほど精力減衰に悩まされるケースが多く
その意味では精力減衰とハゲには一種の関連性があると言えます。

 

 

ハゲの要因について

ハゲの要因としては、ストレスが一般的ですが、それ以外には亜鉛不足も考えられます。
亜鉛不足は老化に繋がる様々な症状を引き起こし、その中には髪の毛が細くなる、抜けるといった症状も含まれているのです。

 

ちなみにストレスと亜鉛不足、ハゲの要因となるこれらをよく見ると、男性ホルモン減少の要因と全く同じです。
つまり、ハゲている男性は、同時に男性ホルモンをも減少させている可能性があるということになります。
この点で考えれば、ハゲと精力減衰は関連性があると言えますが、ハゲは遺伝でも起こりますし、
必ずしもこれらがイコールで結びつくとは限りません。

 

 

ハゲの予防策は精力減衰対策にもなる

ハゲの要因がストレスと亜鉛不足である以上、ストレスを溜めず、亜鉛の摂取を意識することがハゲの予防策になります。
この予防策は、男性ホルモン減少に対する予防策と同じなので、これらをしっかりと行っていれば、
ハゲと男性ホルモン減少の両方に効果があります。

 

ハゲが精力減衰を招くのではなく、精力減衰を引き起こしているために、その要因によって同時にハゲてしまう
これが正しい答えになります。

 

 

精力減衰を防止するためには、様々な方法があります。
こうした効果的な方法を知ることは大切ですが、同時にそれらを行わないとどうなるのか、それを知ることも大切です。
ハゲと精力減衰の関連性、これも、精力減衰の防止策を行わないことでどうなるのか、それを考えた末に発見された事実なのです。