元気な40代を過ごすための精力減衰予防&対策術

いつまでも若くない、男性にとってそれを最も実感するのが、精力減衰を感じた時です。
特に40代になるとその兆候が見られはじめ、多くの男性が悩みます。
そんな心と身体がついてこない事態は、一体なぜ起こるのでしょうか。

 

精力減衰の原因

ストレスを抱える男性

加齢と一言で言ってしまえばそれまでですし、年齢が精力減衰に関わるのは事実です。しかし、実は年齢以外にも精力減衰の原因があり、それによってさらに症状の進行を加速させてしまいます。

 

ちなみに精力減衰の要因は加齢以外で最も一般的な原因となるのはストレスです。

 

精力減衰は男性ホルモンが減少することが大きく関わっていますが、仕事などによるストレスは自律神経のバランスを乱し、結果的に男性ホルモンの生成に影響を及ぼします。ただ影響を及ぼすくらいならまだマシで、これが完全に生成されなくなってしまうことで、いわゆるEDを引き起こしてしまうわけです。

 

40代という年齢を考えると、仕事でもそれなりの地位についている男性が多いですね。
それに伴い、上司や部下との人間関係、仕事への責任感など、若い男性に比べてストレスが蓄積される場面が多いのが事実です。

 

 

ストレスの蓄積を防ぐのは不可能

加齢を防ぐことができないと同様に、ストレスの蓄積を防ぐことも不可能です。
最も、毎日自分の好きなように生活すれば可能でしょうが、そんなことは不可能ですし、
蓄積を防ぐよりも、蓄積されたストレスをいかに解消するかが大切です。

 

そのための場となるのが家庭であり、妻や子供、恋人過ごす時間です。
しかし、精力減衰することでそれが叶いにくくなり、SEXの時にはむしろ後ろめたくなってしまいます。
これが悪循環となり、より精力減衰を深刻化させてしまうのです。
こう考えてみると、精力減衰をくいとめるため、あらゆる手段を考える必要があることが分かります。

 

 

薬の力を借りることの奨め

薬

ここで原点に戻り、加齢のことを考えてみます。
確かに加齢を防ぐことはできませんが、加齢による老化を防ぐことはできます。
精力剤やサプリで、男性ホルモンを充実させれば、老化を防ぎ、同時に精力も取り戻すことができます。

 

そんなうまくいかないと思うかもしれませんが、実際に世間でバイアグラが社会現象になったことを考えると、こうした類の薬で精力を取り戻すことは可能なのです。

 

また、自身の生活習慣も精力減衰に大きく影響するので、生活そのものを見直し、薬の力を借りることで、
すんなりと問題が解決する可能性もあります。

精力剤に興味のある方は、精力剤徹底比較大辞典で商品をご紹介していますのでこちらをご覧下さい。

 

男性ホルモン分泌の手段を考える

上記の説明から、精力減衰は男性ホルモンの減少が大きく関わっていることが分かります。
つまり、「精力減衰を防ぐ方法=男性ホルモンの分泌を活性化させる」という式が浮かびます。
精力減衰においてストレスを溜めすぎない、それが大切なのは誰もが分かっていることですが、
なぜ溜めすぎてはいけないかという問いに対しては、答えられる男性は少ないのではないでしょうか。

 

その答えは男性ホルモンに影響するからです。
つまり、ストレス解消を含め、男性ホルモンを分泌される方法を次々と考えていけば、
結果的に精力減衰に対抗することができるわけです。

 

実は若い男性であっても、これらのことは決して他人事ではありません。
ただ、若さという武器が男性ホルモンの分泌を活性化させているので、深刻な事態に陥らないだけなのです。
その若さという武器を失った40代の男性にとっては、改めてしっかりと男性ホルモン分泌の活性化について考えなければなりません。

男性ホルモンと精力の関係の詳細はこちら

 

 

精力減衰を運命のように受け入れず、それに対抗する方法を考えること、それがこのサイトのテーマです。
ここでは、様々な角度から精力減衰を考え、それを克服できる方法を挙げていきます。